walk with Mocha

妄想を核として形成している

20年を少し振り返って→これからへ

2019年…たくさんたくさんのことがありました。2月には演劇をし、3月には2ndカガライブ。ライブ参加して、沼津に2回行き、コミケでサークル参加して、10月の学祭で色んな挑戦をして…………

で、2020年にもなり、ラブライブ!フェスがあり、可愛いJKと遊んだり………w


そして私はついに20歳になりました。
20歳記念というか、気持ちの整理というか…
もちゃの全て()を……記していきたいと思います。


ワンクッション!
私の生まれから今までの振り返りって感じです。
文字にしたら今まで考えてたこととかすっきりできるので………
だから多分つまんないよ。
もしも私に過度な期待を寄せていたり、過大評価してる場合は読まないことをおすすめします。
そしていつも通り、長い!

 

 


「少し昔の話をしようか」

 


私には父、母、兄、姉がいます。わかる通り末っ子です。よく言われる末っ子気質も持ち合わせていると思いますが、小さい頃私は兄妹の中で1番しっかりしてると言われて育ってきました。


「父」
昔は一体何の仕事をしているのか分かりませんでした。
友だちにお父さん何の仕事をしているの?と聞かれた時答えられなかった記憶があります。
昼まで寝てそれからどこか行き、夜中に帰ってくる人でした。そして普段無口なので話をあまりしませんでした。
それでも昼いる時は一緒にキャッチボールしたり、バッティングセンターや電気屋に連れてって貰いました。
それでもスキンシップやコミュニケーションが異常なほどに苦手で、私は父親に似たんだなと感じる時が多々あります。


「母」
私が年中さんの頃からまた働き始めました。父よりはお喋りで本が好きで、絵を描いたり詩を書いたりしていました。
私が生まれた頃や、生まれる前はアマチュアとして何らかの活動をしていたようです。
昔は大好きなお母さんでした。
けど今はその考え方がとても嫌いで嫌いで仕方ありません。
どうしてだろう……


「兄」
私の兄はADHDです。
小さい頃はそのことをよく理解していなくて、なんでもかんでもをそれのせいにする母親を不思議に思っていました。
私が生まれた時からずっといる、3つ年上の兄は兄であり、どんな人だろうがそれは個性でした。
何も違わないんです。
だけど病院に行ったり、薬を飲んだりするのでどうしても親は兄に付きっきりだったりしてしまいます。
私はそれが嫌でした。
それでも甘え下手な私は逆にしっかりするようにしてきたのかもしれません。
親の負担を減らすためにも、私がしっかりしなくては……


「姉」
私の姉は1つ年上です。
1つしか変わらないと、双子だと思われたり、比べられることがたくさんあります。
私はさほど気にしていなかったのですが、特に運動面で比べられることが姉はとても嫌だったようです。
また口喧嘩では必ず私が負けるので、私はなるべく穏便に、勝負事では負けるようにしてきました。
姉は仲がいいけど、恐怖でもあります。

 


人の顔色を窺い、どういう発言をすれば平和で居られるか。家族間ですらそうやって生きてきました。だからこそ家族の中で一番家族誰とでも仲が良く、どこに行っても生きていけると言われました。
それはいいことかもしれないけど、小さい頃の私にとっては苦痛でした。
怒ってる時の感情はよく表にでるけど、その他の感情は中々表に出ない子に育ちました。もちろん、楽しい時は楽しいでしたけど…


収入は少なくて裕福な生活が出来たわけではありませんが、私はこの家族だったからこそ今の自分がいるわけなので、恨んではいません。嫌なところはたくさんあるけど、それも全部自分を形成している要素だと思うと何も言えません。
ありがとう、好き、嫌い、自立したい……
様々な感情が渦巻く中、私は今もその家族と暮らしています。

 

 


「自身を変えた存在」


私は幼稚園、小学生初期はとっても引っ込み思案で言いたいことを言うのが恥ずかしくて、手を上げるのも恥ずかしくて、嫌なことも嫌だと素直に言えませんでした。簡単に言えば「私」を隠していました。


そんな私が今のように、自分らしさを表によく出すようになったのが、小学4年生の時に転校してきた子のおかげです。
彼女は4年生の春、私のクラスにやってきました。身長が高く、明るく誰にでも優しい彼女はすぐにクラスに溶け込み、みんなとすぐに仲良くなりました。
私が彼女と仲良くなれたのは、私のその頃の親友のおかげです。彼女が転校してきて、最初に声をかけたのが私の親友でした。
そこからよく話すようになって、帰る方向が一緒だったので途中まで一緒に帰りました。
私が歩くのが速くなったのも、彼女のせいです()
この時、彼女との身長差25cm、歩幅は約倍違います。一緒に帰る時必死に歩いていたのはいい思い出です。


彼女の明るさや自分らしさに導かれるように私は「私」をもっと表に出すようになりました。
自分の言いたいことを言ったり、手を上げるのは今でも恥ずかしいけど、嫌なことがあれば嫌だと少しずつ言えるようになっていきました。


時は進み、小学6年生の時、私は図書委員長になりました。本当に驚きです。
昔はやりたかった委員会にも立候補出来ず、ただ空いた席に座るような子だったのに、委員長になったんですよ?自分の意思で……
だから私は彼女に感謝しかないんです。
彼女とは今でも会ったりします。休み期間になれば遊ぼうと声をかけ、たまに小学生や中学生の頃の黒歴史を話したりします。本当に恥ずかしいけど、やっぱり楽しいんです。

 

 


「人間関係の億劫さ」


人間に慣れていない。コミュニケーション力がない。踏み込むことができない。
人間関係にはたくさん悩まされてきました。今でも悩みます。
一度母に言われたのは「人との関わりに遠慮がちになっている」でした。
確かに私は人とたくさん関わろうとはしません。でも、友だちは欲しいです。でも深く関わることを躊躇します。


小学5年生の時、親友が転校しました。
先程話した小学4年生の時の親友です。
親友とは幼稚園年中さんからの付き合いで、毎週のように遊んでいました。
知らないことを教えてもらったり、一緒に"楽しい"を共有してきました。今まで私にとっての楽しいは基本その子と一緒の時でした。
そんな親友がまさかの転校です。
ずっと仲良くしていた子が転校するっていうのは思っている以上に精神的苦痛です。
私にとっての大きな存在だった親友が突然、会えなくなってしまうのだから……


転校後は1ヶ月に1回は電話をするようにしました。誕生日も毎年祝いました。だけどどうしても離れてしまう。同じ人間関係がないからか、中学生になると連絡しなくなりました。
だけど、高校生になって、自分でバイトをするようになってその子の住んでいるところに自ら遊びに行くことにしたのです。
久しぶりに会った親友は相も変わらず親友で、話していればこれまでもずっと一緒にいたかのように話すことが出来ます。
一緒に青春を過ごせなかった苦痛はあるけれど、これからも多分、私は親友とずっと仲良くしていけると思います。

 


中学生の時、仲良くしてくれた友人がいます。私の通っていた学校は幼稚園、小学校、中学校がエスカレーター式で、中学生になってからも大半が知った人でした。
そんな中、中学から入ってきた子です。
始めて喋ったのは中学1年生の初期に行われる宿泊研修。夜、プラネタリウムをクラスで見に行く時に私と一緒に後ろにいた、後ろ大好き同士です。
その時、話しかけたのがこの子との出会いです。
髪がとっても長くて綺麗で、それを前に垂らすととってもお化けでした。会ってその日にある男子を驚かせて遊んでました。
その子は絵が上手くて、字が綺麗で、勉強が出来て且つオタクでした。尊敬です。
私のオタク人生はこの子から得たものです。


創作系は基本この子に教えて貰いました。
道具を色々持ってて教えてもらったり、使わせてもらったり、家に何度も遊びに行きました。
そして、漫画を貸してくれて見事私を沼に落とした張本人です。
私が色んな相談事をして、その子の相談事も聞きました。
バレンタインにはGODIVAのチョコをくれて、誕生日には猫好好ちゃんの首振り人形をくれるようなとっても懐が広くて、本当に頼りになる、お姉さんのような存在でした。
同じ高校に行こうね、と約束してあぁ私は勉強を頑張らないとなぁと思っていました。


中学3年生の夏休み終わり。その子は家族で旅行に行ってたらしくお土産に匂い袋を買うためにわざわざ好きな匂いを聞いてきました。
夏休みが明けたらお土産をくれるんだ!どこに旅行
行ったんだろう?色々聞かないと。
そうして夏休み明け、その子は学校に来ませんでした。ただの風邪かと思って連絡してみましたが返信はありませんでした。
その内連絡が来るだろうと特にそれ以上連絡しませんでした。
次の日その子はまた学校に来ませんでした。
よく風邪を引いて休む子だったので特に心配していませんでした。
するとその日集会が開かれました。
始業式は昨日しているし、一体何の集会だろうと思いながら全校生徒は体育館に集められました。


「〜さんが死にました」


校長先生の滑舌の悪さで聞き取れませんでした。そのままずっと喋り続ける校長先生。何の話かわからず、後ろに並んでいる子に誰の話?と聞こうとしたら、泣いていました。その後ろの子も……
そこでようやく気付きました。
その友人が死んだことを。


「今週末誕生日だった彼女は14歳という若さで…」


ずっと教えてくれなかった誕生日。
今年度の体育祭の日でした。


14歳。


まだたくさんやりたい事残ってたじゃん。


一緒の高校行くって言ったじゃん。


まだまだ終わってない漫画たくさんあるじゃん。


不思議と私は泣けませんでした。
悲しいのに泣けませんでした。
悔しいのに何も言えませんでした。


お通夜では、クラスで色紙を書くことになりました。
そんな時、「〇〇ちゃんが1番仲良かったから〇〇ちゃんが家族に渡しなよ」と言われ、私にとってはそうでもなかったけど、周りから見たら私が1番仲良かったんだと思いました。


死んだ理由の詳細は今でも私は知りません。
朝起こしに行ったら死んでいたそうです。
事故だったらまだ受け入れられたかもしれませんでした。
9月に行われる合唱祭では私が真ん中でその子の遺影を持ちました。


だから返信が遅いと私は今でも不安になってしまいます。未読で1日経つと、死んだんじゃないかってとても不安になってしまいます。

 


自分にとって大きな存在を2度失い、2度大きな喪失感に苛まれました。
それが私にとって、枷となり、人との深く関わろうとしない原因です。(多分)


それでも私はやっぱりもっとみんなと仲良くなりたいので、勇気を出しますが踏み込むことが出来ません。どこかで諦めて傍観者でいようしているのかもしれません。

 

 


「私の友情観」


私にとっての関係性は2つに分けられます。
知り合い or 友人です。


中学はそれなりに楽しんで過ごしました。授業中はいつも漫画を描いており、高校受験1週間前、休み時間に勉強をしたら「あの○○が勉強してる!?」と言われるほどに勉強していませんでした。
中二病や反抗期が重なり、黒歴史です。
しかし周りはそんな私を過大評価してくれました。友だちからはちゃんと勉強したら県立の上から2番目なら行けると言われたり、専願だったら私立上から2番目の推薦いけたと言われたり……(上から2番目なんだよな)
その過大評価は高校でも続きました。
先生や高校で出来た友だちにたくさん言われました。嬉しい反面、申し訳なさが凄かったです。
私はそんなに出来ない奴なのに、どうしてみんな過大評価するんだろう…


そんな評価してくれる高校で出会った友だちがいます。
その子と初めて話したのは入学式教室に入る前でした。入学式は受付した順に前から座るのですが、1時間、入学式の時間を間違えた私は前の席へと誘われました。その時、後ろにいた子です。
私のクラスは27人中22人が男子でその内の15人ほどが野球部でした。野球部は全員坊主で教室に入る時私とその子は1番最後に入ったのですが、入るのを戸惑いました。
「坊主しかいねぇ」
コミュ障かつ、ネガティブレインだった私たちは初日から仲良くなり、あだ名で呼び合うようになりました。5月頃には先生に中学から一緒だと思われるほどに仲良くなりました。
休み時間も部活もほとんどのことがその子と一緒であり、私の高校の楽しかった思い出はその子抜きでは話せません。


そんな中、一時期話さなくなった時がありました。
何があったかきちんと覚えていないのですが、放課後一緒にいることがなくなりました。
教室移動の時バラバラで行くようになりました。
しかし、原因は分からずそのまま時が過ぎました。
親友であったその子をいつの間にか知り合いという立場に追いやるところでした。
しかしその内関係は直っていきました。
お世話になった先生の事故がきっかけでまた話すようになるとは思いませんでしたが……


少し昔の話をしましょう。
私は中学の時、嫌がらせを受けていました。
しかし当時頭の悪かった私はそれを嫌がらせだと気付かず…というか全く心に傷を追わずどうやってやり返そうかとかばかり考えており、腹が立つことがあれば殴ればいい!という思考の持ち主でした。
中学二年生の修学旅行の時、友だちから友だちの愚痴を聞かされました。また、2年生から3年生の教室移動の時別の人が嫌がらせを受けていました。
それは元々仲の良い友だち同士でした。
「裏切りはつきもの」「どれだけ仲が良くても何かきっかけがあれば仲は割れる」と再認識しました。


さらに昔の話をしましょう。
小学6年生の時です。私を含め6人の仲の良いグループがいました。しかしその中のある1人がハブられ始めました。理由はうざい、媚び売ってる、化粧してる等の理由からでした。しかしここでも頭の悪い私は小学校で毎年開催されるバザーでその子と回る約束をしました。他の子から何でその子と回るの等と言われました。バザーの少し前に6人は先生に呼び出しをくらって怒られました。しかしその場に居合わせただけの私は本当に何も知りませんでした。それをその子に伝えると納得され「○○は分かってなさそうだな〜って思った」等と言われる始末です…


私は基本的に媚びを売りませんし、売れません。
それに嘘をつくのも下手だし、感情がモロバレします。だからこそ私はこの子はみんな嫌ってるから嫌う、この子は好かれてるから自分も好きになる、なんてことは一切しません。
私がその子のことを嫌いであれば嫌うし、好きであれば好きます。相手が離れていくなら何もしないし、距離を縮めようとしてくれるなら積極的になります。
私は自分のこの付かず離れずな友情観を大事に思っています。
だからこそ、友だちと呼べる人は少なく、ほとんどを知り合いと認識してたりします。

 

 


「私の恋愛観」


さて、ここで大変大きな話題です。
恋愛……というものに興味はあっても、いつの間にか恋愛すること自体が面倒くさくなっています。
高校生になると結婚したい、したくないっていう話題がちょくちょく上がりますが、ある人は恋人もいらない。という人もいます。その時私がいつも思うのは「私は恋愛をしたくない、人を好きになりたくないけどな」です。どうしてそんな風になってしまったのだろうか……
これだけは理由が分かりません。みんな友だちでいいじゃないか。友だち以上の関係を求める理由は何なんだろう。
恋人という関係になると今までと何が変わるのか。
分からない私はよく調べます。
あまり話したくないのですが、告られたことがあります。でもその時はもう私は今のような考えの人間だったので、付き合うって何?恋人になりたいの?なんで?疑問が尽きませんでした。

そして何よりそういう気持ちを抱かれていることにとてつもない嫌悪感を感じました。

いや、そもそもその人に言うほど好感を持っていなかったからかもしれない…

しかしどうしてもそういう関係になることが嫌だし、とても気持ち悪いなって思ってしまいました。


私は全人類と友だちになりたいと浅はかな願望があります。
それはただ友だちを増やしたいだけでなく、誰かとどうこうの関係を作りたくないというのもあります。みんな友だち、みんな仲良し……出来ないことは分かっていますが、なるべくみんなと友だちでいたいんです。

何でだろう…恋愛というか恋をしたら変わるのだろうか…しかし恋をしようと思って出来る人間なんてそう居ないと思います。

 


これで多分20歳の私に追いついたと思います。
長々しくてごめんなさいね。
人にはそれぞれの人生があり色んな出来事があります。自分だけが不幸だとは思いませんが、幸せだとも思いません。なるべくしてなった。
全て必然だと考えています。
ただこうやって今までの人生の大きな出来事を文字で表現するだけで何かスッキリするんです。
書いたから忘れることができる。
それを知ったのは最近ですが、今まで溜め込んでいたからこそ出来なかったことがあると思います。
ある意味呪縛からの解放かもしれません。


私はどこにでもいる、核が優しさで出来てる、一般の女の子です。


何も特別なことなんてありません。
大きな何かを成したわけでもありません。

 


ちょっと昔悲しいことがあった。ただそれだけなんです。
誰にでもあることです。


私は私が大嫌いで、大好きです。
20年間生きてきてくれてありがとう。これからの人生もよろしくね。


ハッピーバースデートゥーミー


20年目の人生楽しもう

たくさんたくさん、やりたいことしよう

たくさん創作しよう

そうだね恋人とかいうもの作ってみなよって友だちに言われたじゃん

お酒も飲めるようになったんだし

パーリーしよう

嫌なことあってもその分きっと楽しいことがあるよ

もうこれからは子どもじゃないんだから

私が私であるために

突き進むしかないんだよ

 

ありがとう、ごめんね。

 

同窓会を経て恋愛とか友情についてのお話

 

どうも!今年成人式を迎えたもちゃです!

成人じゃないけど、成人式に行ってきました!
お酒どれくらい飲める?とかについてまだ未成年だから飲めないって言ったら遵守してるの!?偉い!とめちゃくちゃ褒められたもちゃくんです。


そんなそんな同窓会で、私の友だちに恋人が出来た話を聞きました。その子は基本そういうの興味なさそうだったので結構驚きだったのですが、嬉しみもあり、三次会でその子ともう1人連れ出して恋バナしてました()
AちゃんとBちゃんとしましょう。
恋人ができたAちゃん。Bちゃんはそれっぽくなったけど結局恋人にはならず仲違いした男子がいるということです。
一方私はそんな話は皆無というか興味がないというか、どうでもいいというか……
友だちに友情と恋愛違う?と聞かれて「全部友情でいいよ」とかいう人です。


Aちゃんは大分変わっており、知り合った彼氏さんといい感じの関係になっていき、しかしお互い好きかどうか分からないので相手のことをどう思っているか会議をしたそうです。そこで両想いだと知っても、出会って数週間、ただの思い違いかもしれないということで1週間何も連絡をとらず最終的にどうかみたいな実験的なことをしていました()
その実験内容の発表及び会議が互いの家で行っているんですが、それに対してBちゃん。
「その恋人でもない男性を部屋に招きいれるって抵抗ないの?そういうことされるとか思わない?」と聞いていました。Aちゃんは彼が誠実であることと、どちらも両想いだから間違ってはいない。他の人だったら招き入れない」と言っており、私はまぁビックリしましたよ。そんなこと考えたことなかったなぁと……


Bちゃんの話でちょっと"好きかも"という男の子に2人きりでのご飯に誘われたり、自分から誘ったりするのはまぁ気があるってことじゃないか的なことを話していました。
私はここでもビックリしましたよ。


話を聞いて「まじで!?」と思ったところはたくさんあったのですが…恋愛観、友情観の違いかなぁと思いました。
その子にとって異性は友情は存在するけど、基本的に恋愛対象である。
しかし私は異性は恋愛は存在するけと、基本的に友情関係であること。
そういう違いなのかなって考えてました。

 


まぁとにかくどうこう言ってはみましたが、怖い…怖い……恋愛事情って怖いわぁ…
Aちゃんの幸せそうな話、Bちゃんの面倒くさい異性間の問題、Aちゃんの知り合いのメンヘラの話…
色々聞いた結果としては、特に恋人いらねぇや!


ちなみにBちゃんの出す男性4つの条件です。


・酒癖が悪くない(酒あんまり飲まない人)
・タバコを吸わない
・同性の友だちがいる(結構大事)
・自分より身長が高い


私も見習って理想でも出そうかな…恋人作ろうとしてみようかな…(小声)

ただの歌好きが作曲してみた話

 ちょっとTwitterで作曲の話をしていたので、少し……

私が作曲を始めたのは高校2年生の秋でした。それ以前も曲を作りたいというのはあったのですが、中々着手できずとりあえず完成させるということもしてきませんでした。

そんな時、私の高校生の頃の友達がピアノが好きで、将来作曲をする仕事に就きたいという子でした。そこで、作ったという曲を聞かせてもらい、その凄さと作曲をするという魅力に惹かれていったのです。

私は基本負けず嫌いでした。昔から器用に何でもできるような子で、物覚えも早く(勉強はさておき)新しく何かを始めたら人より早く上達しました。それで色んな新しいことに挑戦して今の色んな技術や知識を身に付けてきました(そんなに多くない)

だから、友だちの作った曲を聞いたときに、「羨ましい」「ずるい」「自分もできるようになりたい」そう思って取り組みました。

最近はそんな気持ちが衰退していっているのでどうにかしたいですね…()

因みにこちらがその友だちが作った曲です。私の誕生日の時にプレゼントしてくれた私イメージの楽曲+友だちからのメッセージ含みです(はずっ)→https://piapro.jp/t/Vd6h

 

とてつもなくどうでもいいことを1つ…

今回作曲に関してブログを書こうと思ったのは、私の中で1つ新しいことを発見したからです。某ダンスユニットをして、学祭が終わった後にお気持ち表明なるものがありました。私は特にしていないんですが、数人から自分個人に対するお気持ち表明が届きました。内容はどれも「ありがとう」ばかり。どうしてこんなにモヤモヤするんだろう。何が引っ掛かるんだろう。そんな時全く違う人に別の相談事をしていると「頑張ったね、お疲れ様」という言葉が送られてきました。素直に泣きました。

あぁ、自分はありがとうとか、お疲れ様とか、すごいねとかそういうことはたくさん言われ続けていました。けど、そこまでの過程を認めてくれる人は全くいませんでした。認めているのかもしれないけど、言葉に出してはくれない。自分はその過程の人に見せていないような頑張りを認めてもらいたいんだと、分かったのです。

直接言うことはできないし、わざわざ自分の頑張ったとこを言っていくのも格好悪いし…ということで、ブログで作曲に関して頑張ったことを書いたら少し気がまぎれるんじゃないかと思い、今書いています。

(頑張ったねって言われたい)

 

 

少しここまでが長くなってしまったんですが、私が初めて作った曲は

「未来幸福論」という題名の楽曲です。

作り方が全く分からなかった当時、音楽の時間で二人で一曲ピアノを弾くという授業がありそこで私は友達と「ドーナツホール」を弾くことにしました。

楽譜もまともに読めない私はその楽譜を見てどの音かを見て、こういう並びでこういう伴奏なんだと、なんとな~くで覚えました。

だから「未来幸福論」はドーナツホールと同じくミとラとシ(だったかな)がシャープ?フラット?よくわかってないけど黒い鍵盤なんです。

ドラムもよく分からない私はお父さんに聞いててきとうに打ってもらい、それをコピペしていました。

そうしてあとはやる気があるときにガーッと打ってできました。

初めての曲ということで印象深くもあるんですが、実は結構歌詞が馬鹿げている感じで友だちからは歌詞のわりにいい曲だから「HAPPY PARTY TRAIN」みたいと言われました()

こちらが楽曲になります→https://piapro.jp/t/zNK7 今更投稿w

2年前に作った楽曲ですね……

 

と、今日はここまでで!紹介できる楽曲はあと4つくらいしかないんですが、少しずつ少しずつ自分が頑張ってみた、何となく何もよくわからないけどで作ったものをみんなに知ってもらいたいなあって思いますw

 

ありがとうございました

 

 

ただのラブライバーが笑顔になれた話

みなさん、おはよう、こんにちは、こんばんは。

清々し朝ですね(10/28)

先日金沢大学で金大祭が行われました。

みなさん行かれましたか?

新しくおまつりステージというものがありましたね。そこには色々な団体が出て、お祭りを盛り上げようとしていました。私もそのおまつりステージに上がらせていただきました。

ご存知の方も多いと思います。

「カガライブ」です。

 

「ただのラブライバーが笑顔になれた話」

 

ワンクッション!!!!!!

長い!長い!長いかもしれない!!

相変わらずの意味不な文章ご了承願う

 

 

~私とカガライブ~

「ただのラブライバーが輝きを見つけた話」

という記事で一度ブログを書いています。なのでカガライブの説明、1st,2ndについては省略させていただきますね。

 

 

~3rdへ向けて走り出した僕ら~

2ndカガライブか終わり、私たちは金大祭へと動き出しました。役を減らすメンバー、卒業するメンバー、まずはメンバー集めでした。メンバー集めは意外なほどに淡々と進み6月下旬にはキャストが決定しました。(去年とは大違いっ!)これも1st,2ndのおかげだったら嬉しいな。

みんな、さやかの記事読んだかなん?読んでない人は読んでね。

( https://sayaka-ry.hatenablog.com/entry/2019/10/29/021530 )

私もコミュ障陰キャなので新メンバーにずっと嫌悪感を覚えてました...何より顔と名前を覚えることが苦手な私は新メンバーを覚えることが出来なくて、名前を呼ぶことが出来なくて、悔しさと申し訳なさでいっぱいでした。私も練習行きたくない、曲も決まってないし行かなくてもいいんじゃないかって思いました。

でも、私が行かなくてどうするんだよ!!!新メンバーだって仲良いカオスな'18メンバーの中に放り込まれて大変な思いしてるに決まってる!

金沢駅高海千歌炎上事件によってカガライブに入るか迷っていた人がいた。それはつい最近知ったことですが、そんな中、入ってくれてありがとう。知り合いばかりの中に入る勇気や、初めて見るような人種()

新メンバーみんなの勇気、ちゃんと見てなくてごめん

 

自分に言い聞かせて重たいケツを持ち上げていつもの金沢駅地下もてなしドームへと向かいました

 

 

 

~グダったカガライブ~

ある1人と連絡がとれなくなりました。忙しかったのかTwitterにも浮上しない。

すると他のメンバーから「〇〇がやめたいって言ってる」「〇〇からやめるって連絡きた?」

という報告というか連絡がやってきました。このままやめてしまうのだろうかなんてことも考えましたが、本人からやめるなんて聞いてないフェードアウトなんかさせない、やめさせるなんて選択肢はありません。だからと言って私は慰めるのは苦手だし、励ますのも苦手だし、悩み相談するのも苦手です。逆も然り......私は自然に接しようと決めて何も問わず何も関与しないよう努めました。それがあっていたか分からないし、もっと他にも何か出来たんじゃないかって思いますが、〇〇は戻ってきたのでオールOKですよね()

でも、そんなこともあり8月という貴重な夏休みの始まりは何も進むことが出来ませんでした。そんなんで本当に大丈夫なのかカガライブ?

 

 

 

~最後の全力疾走~ 

"カガライブは時間にルーズ"

はっきり分かんだね。当初ダンスは10月までに覚えて10月からは全部フォーメと細かいとこの練習と言っていました。しかし曲が決まったのが8月最後、ほぼ9月でした。経験者はまだしも初心者にとって1ヶ月で7曲、多い人で14曲なんて無理だったんです。でも諦めなかった。去年もそうだった、誰一人として諦めることはありませんでした。

みんなで練習して、フォーメーションを作って確認して、細かいとこを合わせて...あっという間の2ヶ月間でした。10月色々ありすぎて困る()

みんなで仲良く一緒に走ろう!なんてことはありませんでしたが、みんな遅くても走り方が汚くてもゴールにたどり着くことが出来ました。みんな頑張って走り終えて.....まだ残ってますよね。

金大祭本番ですよ。

 

 

 

今が最高

 天気がいいとは言えない朝。今回は誰も寝坊しませんでしたw

ファミリーマートで朝飯を食べて、軽い足取りで金大の中央階段を上りました。

ついにきた。本番だ。緊張しまくりだし、心臓バクバクだし、舞台経験は何度もあります。だけどそれは目線の高さが違います。今回のおまつりステージはステージとは言うものの目線の高さはお客さんと同じまっすぐ前を向いてもお客さんと目が合ってしまう。ワクワクとハラハラとドキドキが一気に押し寄せてくる感覚はカガライブだけですよw

 

χ'sは話したいことたくさんなので、まずはkAqumasから

 

前座企画「地元愛♡満タン☆サマーライフ」

はい、かわいいの暴力です。

 

1曲目「青空Jumping Heart」「未来の僕らは知ってるよ

ダンスミスった!というかみんなが揃ってるとこ自分だけ振り違くて...教えろよ!!!

 

2曲目「MIRACLE WAVE」

 〜っ!!!とれおふ〜っ!!!

これは何も言わない、いや言えない。みんなぜひ見てください。https://twitter.com/so_no333/status/1188094048508137472?s=21

 

3曲目「P.S.の向こう側」「元気全開DAY!DAY!DAY!」

P.S.は表情、DDDは元気よさに全振りしましたw

 

4曲目「GALAXY HidE and SeeK」

私のカガライブ推しユニットです。'18メンバー竹丸とつなこ、そしてつなこの弟子さかべーだ

めちゃ揃ってました。絆だな。

 

5曲目「Strawberry Trapper」

めちゃんこ盛り上がった曲。そたまきの「ロックオ〜ン」とかやばかった。控えめにいってやばかった。

 

6曲目「MY舞☆TONIGHT」

黒澤姉妹、頑張りました!ふつくしいダイヤさんに、ウインク出来なくて悔やむルビィちゃんでした。

 

7曲目「君のこころは輝いてるかい?

前年度に引き続き!Miz.Kによる馬飛びは相変わらず盛り上がる!1日目は曲ミスあって、私はずっと「これはフル!?」「それともアニメver.!?」でずっとハラハラしていましたw

 

8曲目「未体験HORIZON」

竹丸センターのエモい曲。色んな意味でエモかったと思います。手を伸ばそうのとこ、薬指と中指くっつけたり、もっとのとこで1年生顔近づけたり、こだわりたくさんです。ぜひ見てください。

 

kAqumasは前年度メンバーが多く、MCも安定していたかな?踊りは……やっぱりフォーメーションが汚かったかなって思いますが、断然成長した私たちを見せる事、出来たんじゃあないでしょうか。全体的にエモエモだったと思うよ(語彙力)でもやっぱりkAqumasは新しいカガライブというよりは前年度のカガライブって感じが強かったかなって思います。さかべーだと咲帆ちゃん、ひよことももかちゃんには負担になったんじゃないかって心が痛みます…………4人に聞きたいのは一つ、君のこころは輝いていたかい?

さて、次はχ’sです。

 

前座企画「Mermaid festa vol.2 ~Passionate~」

どうだ!見たか!さやかの失言によりこの存在は勘づかれてしまいましたが、キャラ交換じゃボケェ!

しかし、私はここである悩みがありました。君の名はネタをするに当たって、もちゃとしての凛ちゃんなのか、もちゃ版穂乃果が凛ちゃんになったのかどっちとして演じればいいのか分かりませんでした。結局どっちつかず()

 

1曲目「僕らは今のなかで」「それは僕たちの奇跡

穂乃果ちゃんヅラ説出ちゃいました()幻覚だよっ!

それ僕、2日目ですが入場時に最初のフォーメーションに並ぶんですよ。だけど穂乃果真ん中だと他の人がアピりにくいということで後ろにいて後から前に出てくることにしました。後ろで立っているとみんながV字に並んでいくんですよ。みんなの背中が見えるんですよ。私は最初、全員の背中でも叩いていこうかなって考えてたんですけど、さすがに遠いっ!(ルフィだったら出来たのになあ……)結局ことりと海未の背中だけ叩きました。ついでにフォーメーション直しておきましたwそれ僕の楽しいのって最初、海未とことりと顔を合わせる所です。さかべーだのにっこり笑顔、ひよこのにっこり笑顔、高さは違えどみんなしっかり笑顔でした。ほんと、この時べーだとひとこの笑顔に安心感w

 

2曲目「Angelic Angel

扇子曲第一弾!場所移動をよく忘れてしまうんですが、何とか気づくことができで途中で無理やり前に出ました。1日目不安にさせたな…すまねえ

 

3曲目「輝夜の城で踊りたい」

にこちゃんのセンター曲、新メンバーkkの見せ所です。我らがチャラいkkを見せつけろ!w「っす、うっす」やっぱりコールも楽しそうだし、踊ってってドヤ顔多分してたw

 

4曲目「ラブノベルズ」

つなこ!Yume!kk!にこまきがにこまきすぎてやばかったですwみんな可愛くてさあ、推しちゃうよねぇ……「PSYCHIC FIRE」見たいぃぃぃぃ

 

5曲目「Pure girls project」

楽しかったぁぁ!!私は、可愛さ全開は無理なので、他の2人に可愛さは任せて私はとにかく飛ぶ!跳ぶ!とぼう!ということで全力跳躍しました。

ところでなんですが、みなさん、ゆきうさセンター「NO EXIT ORION」見たくないですか?私は見たい

 

6曲目「春情ロマンチック」

みんな似合いすぎてて最高です。咲帆ちゃんの足が希ちゃんすぎてっ///ふともっ(自主規制)さかべーだのガチアイドルダンスとか、咲帆ちゃんのふわふわした雰囲気とか、相変わらずさやかなさやかとかw

 

番外編「MC」

みんな大変MCです!アドリブアドリブぅ!今回最初は話していた通り曲紹介をしていたんですが、私が穂乃果であるときのモットーはみんなに喋る場を与える事、お客さんみんなにキャストみんなを知ってもらうこと。1日目はみんな緊張しているということで特に振らなかったんですが、2日目は話振りました!頑張りました!BiBiからはYumeを…めちゃくちゃ笑顔だったから振っちゃいました!Printempsからはゆきうさを…このっ、花陽ちゃんを見てくれぇって感じですよねwそしてlily whiteからは咲帆ちゃんを…喋り方がとっても希ちゃんでしたね。かわいい!そんなこんなでMCが終わりました。みんな、χ’sのキャストさん分かりましたか?みんなかわいいでしょ?みんないい子なんですよ。ぜひ推しを見つけて教えてくださいw

それでは次の曲、聞いてください。

 

7曲目「No brand girls

た~のし~か~っった!!!!!最初の曲名言って曲始まるとこ完璧すぎでした。ありがとうございます灯火さん……みんなで手を繋いで跳ぶとこめちゃんこ難しくてさ、ご迷惑おかけしました……やっぱり盛り上がるし、楽しいし、お客さんもキャストも一体となったなってすごく思います。「みんな~声出して行こ~!」もちゃの精一杯の声、届きましたか?あとから見返したら声カスってんじゃんwなんて思いましたが、あの時は本当に本当に、心から楽しくて、みんなに盛り上がってほしくて、前年度と同様前出ちゃいました!

そして間奏からの穂乃果ソロ、高揚感が凄まじいです。みんな後ろでリズムとったりステップ踏んでるだけなのに私だけ別の振りして、お客さんの方見て、空を見上げて……本当に壁を壊すことって出来るんだなというか……

今回、’18メンバーと’19メンバーの壁、LL研とカガライブの壁、ラブライブを知らない人との壁沢山の壁がありました。全体のメンバー間にもあった壁を、私たちは壊していけたんじゃないかって、みんなで協力して壊すことが出来たんじゃないかって感じています。そう感じるのは私だけかもしれないけど、「自分から今を変えればいいのさ」2番の歌詞ですが、自分から変えるっていう行動を出来たんじゃないかって思います。

 

8曲目「僕らのLIVE 君とのLIFE

最後の曲です。2日目はことりちゃんと手繋いじゃった。最後だから、楽しもうそんな意味を込めて……

 

 

アンコール「TOKIMEKI Runners」

2日目私はぼそっと言いました。「スクスタの掛け声しない?」それに対して「え?」という顔をするとれーどおふ。「でも、虹ヶ咲いないしオールスターズじゃないか」それに対して「じゃあKanazawa University Festivalにする?」

最後の最後に全員で掛け声をすることができました。急だったから手はみんなてきとうだったけど、そしてここで最後にスタッフに「10」って言ってもらいたいですねw

本当に本当に最後。今のこの14人で踊る最後の曲。

みなさんスクスタストーリー最後まで進めましたか?そうすると、この曲の歌詞がとてもしっくりきます。この歌詞を考えたのはスクスタストーリーの「あなた」ちゃん。私たちは確かに「あなた」ちゃんと一緒で、µ’sとAqoursに惹かれここまで来ました。最高にぴったりな曲じゃあないですか。

 

 

 

~輝きを持って~

  私は前回のカガライブの記事で私の見つけた輝きは’18メンバーと言いました。それに違いはありません。でもその輝きを持って走ったから今年もたくさん楽しめました。

 

‘18カガライブのみんなの気持ちはずっとここに残ってる。

前だけを見て走っていける。

今が最高だし、未来も最高にしたい。

手を取り合っていてける……そんな仲間に出会えた……

一生のタカラモノなんだって気づかせてくれた。

’18カガライブは幕を降ろした。

これからも走っていくみんなの輝跡としてずっと、ずっと……

 

 

なんてことを前に書かせていただきました。

 

「‘19メンバーへ」

手を取り合っていけるそんな仲間は君たちも同様です。

みんな一生のタカラモノです。’18カガライブは幕を降ろしました。その輝跡は後ろにあるだけです。私たちはそれ以上に輝くことができる可能性を持っています。

確かに’18メンバーは9人でやり遂げた分絆が固く、いや気持ち悪いほどに仲がいいです。断言できます。気持ち悪いですw

でも私は一度たりとも前年度の方が楽しかったとか、前年度と比べたことはありません。(人数とかは比べたことあるけど!)

今が最高!!

そうやって叫ぶことができる私は幸せ者です。 

「1 からその先へ、みんなと共に、その先の未来へ」

カガライブ続けていこうと考えてるみなさん、これからもよろしくお願いします!

 

お気持ち表明

 https://twitter.com/sss_Mocha/status/1188804565132427264?s=20

 

 

スキのちからで 飛んで飛んでみようか

⚠️胸糞悪くなるかもしれないので

地雷も何も無い人だけ読んでください⚠️

ー軽蔑されるかもしれない。ー

 

 

 

5thライブで私はAqoursは終わったんだなと思った。実際はこれからAqoursclubがあるし、フェスもあるし、ツアーも決定してたりとこれからの活動が盛りだくさんである。
ではなぜそう感じたのか。何が終わったのか。


その前にみんなに知っておいていかなければいけないことが、私は2次元のオタクであるということだ。3次元に全く興味がないといえば嘘になるが、3次元の誰かを追うことはないし、その人のためにお金をかけることはないだろう。


大体察しはついてると思うが、そう。2次元の、キャラクターたちのAqoursが終わったと感じたのだ。


5thライブ自体は私はとても大好きだ。特に最後のMC、アンコール、終わり方である。今までのライブは簡単にありがとうございましたといってアンコールに入り、最後1曲の前に最後の挨拶があり歌を歌いステージを駆け回り終わるというものだった。私は実はこれがあまり好きではなかった。なぜなら最後の最後に終わるのは声優さんたちのAqoursだからだ。別に声優のAqoursが嫌いなわけじゃないし、むしろ好きな方だと言っていい。しかし私は心のどこかでやはりAqoursのキャラクターが好きという感情が色濃く残っている。だからこそその終わり方ではどちらかというと頭の中には声優のAqoursが残ってしまうのだ。私は毎度複雑な気持ちになる。
だったらライブに行かなければいい。最後を聞かなければいい。そう思うかもしれないが、もう一度言おう。嫌いなわけじゃあない。見てて微笑ましいし、楽しいし、何より歌って踊るその姿に尊敬や憧れを覚える。ラスト曲終わってからのみんなに会いにステージを駆け回るのだって、アイドルとして当然のことなんだ。
しかし、どうしても「何か違う」という感情に苛まれる。
その点今回の5thライブはそう思う私にとっては最高の終わり方だった。
アンコール前に最後の挨拶があり、ステージを駆け回り、アンコール後は曲だけで、声優さんたちの声は一切入らなかった。そうすることで声優さんたちは一段とキャラに見えるし、Aqoursが本当にいるって思うことができた。それは2次元ならではの私たちの声が届かないからが3次元へと持ち出されたからだと思う。そして最後はフェードアウトで退場していく。最高じゃあないか。
NextSPRKLING!!の最初の幕袖での動きも完璧に再現していた。最後、捌けてからの「Aqoursサンシャイン」私は一気にラブライブの世界に引き込まれたそんな気がした。


さて、そろそろ本題にいくとしよう。2次元のAqoursが終わった。それは5thライブのアンコール後の曲や終わり方も含まれるのだが、決定打となったのが、「Jump up HIGH!!」を披露したことだ。
まだ試聴しか出ていない曲を披露するという行為が私の中では有り得ないことだった。
ラブライブは2次元を基本としそれに続き3次元があるわけではないのか?


ココ最近私はラブライブコンテンツのターゲット層には含まれてないと考える機会が多かった。声優を推すことが多く、3次元と2次元のシンクロパフォーマンスがすごいと言われる。このシンクロパフォーマンスは確かにすごい。しかしどう見ても3次元の声優さんたちがすごいとしか言われてるようにしか思えなかった。ラブライブは声優さんたちの努力もたくさんある。けど、根本は原案の公野櫻子さんや原作の矢立肇さん曲を作る作曲家さんたち、キャラデザをする室田雄平さん......たくさんの人が関わっている。それを表舞台に立つ声優さんが背負っているのも理解できる。ならなぜ曲の良さやストーリーを紹介しないのだろうか。テレビを通して私はラブライブコンテンツのターゲット層にはいない...そう認識した。


少し脱線したが、CDが発売されていないような曲をライブで披露するのは3次元のバンドや歌手だと私は思っている。(偏見かもしれないが)
キャラクターたちの活動出来る2次元でまだ全公開されていない曲を披露するのは些か傲慢ではないだろうか。

 


私の中での2次元のAqoursはここで終わった。
幕を閉じた。
これから先私はAqoursを追っていけるのか不安だった。声優さんが嫌いなわけではない。Aqoursは大好きだし、ラブライブはもっと好きだ。だからこそまだAqoursを追っていきたい気持ちもある。しかし私がこれまで追ってきたのは2次元のキャラクターを具現化したと言っても過言ではないみんなだった。
しかし2次元のAqoursが終わった今、私の中では誰がAqoursをしようとそれはAqoursではないのではないだろうか。
これからも私は"好き"でいられるのだろうか。


............。

 

 


あぁだからスクスタが登場するんだ。どのグループも終わらない。そんな世界線を作ってくれたんだ。
True Endのμ'sやAqoursはもういない。
けどifの世界で生き続けるんだ。だから私はまた追っていける。好きでいられる。走れる。飛べる。
これから活動するみんなを応援できる。

 

 

 


だから早く...スクスタ配信してください!!!

ラブライブのキャラが、ストーリーが、ミュージックが大好きなんだ...

今回はちょっと友達に話す感覚で綴りたいと思います。

 

みんな、見てくれた?
私が3日かけて作った動画!衣装描くのに1番時間かかったんやねどね...
元々はMVアニメ作ろうって思ってたんだけど、もうほんと意志が弱いのなんのでさぁ
初めは「希望のルミナス」でMVを作ろうとしたんだけど、中々思いつかないし、曲編集上手くいかないしで、ちょうどその時ハマってた「群青のマグメル」のOPテーマがめちゃ好きですやっぱりこっちで作ろうっ!ってしたわけなんですがw
あ、たまにうごメモあげてたやんそれや
でも何か途中から面倒くせぇなってなったわけ
もっと簡単且つ楽なやつにしたいなって
そこで思いついたのが衣装描いて音に合わせて流そうってやつ。けどこれが思った以上に大変でさw
細かいとこわかんないし、色塗るの面倒くさいしで何回も心折れそうになったのよ
しかも衣装描き始めたのが?え?今週の月曜日??無理じゃん辛いじゃん疲れるじゃん
けどやっぱり何かを作りたい。ファンアートしたいっていうもう気合いだけで何とか頑張った!
描いた時間帯によって凝り具合がバラバラなんだけどね......けどやり遂げた!やり遂げたぞぉ!!


ちなみに曲を最終的に決めたのが水曜日。
木曜には完成させなって思って前日に決めたんよね。そして相変わらずの電車の中で作業してた。
今回電車の中で衣装描いたり色塗ったり編集したりしました。ありがとう


曲はずっと悩んでて、最初に決めた「希望のルミナス」でいこうって思ってた。けど、Twitterで5thが近いからってみんな色んなことをツイートするんだよ。その中で誰のだったか覚えてないけど...FF外だったはず...Aqoursは4thで1回終わって5thから再スタートなんだっていうツイート。4thでアニメを全部回収して、一度立ち止まって応援してくれてる人に感謝を伝えるそんなライブだったのかな...
5thも多分劇場版回収だから5thで一度おわりなのかもしれないけど、5thが再スタートなんだよ。振り返らず前に進むってことでさ。けど実際は5thでもそれ以降でもいいんだけどwwそうやって考えてるじゃん。絵描きながら好きな作曲家さんの曲聞いてるじゃん。めっちゃ歌詞がカガライブっぽいなぁみたいなこと考えてるじゃん。題名見るじゃん。リスタートじゃん。これだって思ったんですよ


Aqoursはリスタートするんだよ。1回立ち止まってからまた動き出すんだよ。そしてそれはAqoursだけじゃなくて、ラブライブ全体に言えることなんじゃないかな。だから私はセイントスノーの衣装も描いた


今までを振り返ってそしてリスタートする
そんなAqoursを...ラブライブを一生応援したいよね

 

 

もちゃの沼津(仮)ご飯

みなさんこんにちは!もちゃです。

今回3/20から3/22でラブライブ!サンシャイン!!の舞台である沼津へ行ってきました!沼津での話もしたいんですが、今回はこの旅で食べた物を紹介したいなって思って携帯を手に取りました(笑)
もしも沼津へ行かれる方で飯所どうしようかなって迷った時の参考にでもなったらなと...
量、美味しさ、値段とそれに関する感想をちょっと載せました。味って結構好みが別れるじゃないですか。だからみなさんにとって美味しいものでも私は△かもしれないので、そこらへんはご了承ください!食べ物名と、買った場所や食べた所も明記してあります。
その1とその10に関しては本当に沼津関係ないので(笑)



もちゃの沼津ご飯



その1、湖北のおはなし、米原駅
量△美味しさ〇値段1150円
まあ駅弁なんてこんな値段なのは分かってるんだけど...この量と味かぁって感はある
ご飯が山菜ご飯っぽい感じなんだけど、まあまあ。その他のおかずも美味しいやつとそうじゃないやつあって、焼き鳥は美味しかった。芥子和えはダメだな。てか私が芥子和え好きじゃないんだな

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322192600j:plain



その2、深海魚バーガーAセット、沼津バーガー
量〇美味しさ◎値段1180円
ポテトの塩気が強すぎた...ハンバーガーじゃないから今までのバーガーとは違ってサクサクホカホカを楽しめた。つまりは美味い。

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322192633j:plain



その3、コロッケ定食、浜忠
量〇美味しさ💮値段750円
コロッケはサクサクがんもは味染みてるし、漬物うめぇし、やっぱりお袋の味的な感じでとても美味
店内の雰囲気も落ち着くし、好きだなあ

f:id:fumofumo-minamina2000:20190320201012j:plain


その4、鯖定食、丸勘
量〇美味しさ◎値段600円
鯖は炭火焼きなのかな?今までの鯖と味が違かった!やっぱり焼き方で変わるんだなぁって。うめぇ
値段も良心的!

f:id:fumofumo-minamina2000:20190321084308j:plain


その5、かんかんみかんタルト・みかんジュース、松月
量△美味しさ💮値段896円
タルトめっさ美味い。サクサクのタルト生地と甘さの効いたみかん。下にカスタード詰まってて私の好みすぎた

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322192808j:plain



その6、ランチバイキング、HamasCafe
量💮美味しさ◎値段1000円
色んなものがあってバイキング形式だから好きなだけ食べれるのがいい。野菜たくさん使われてて、健康にもいいじゃねえか卍

f:id:fumofumo-minamina2000:20190321132710j:plain


その7、Over The Rainbow トースト、サンシャインカフェ
量△美味しさ△値段800円
Rainbowカラーのチーズ のびるのびるとにかくのびる 味は普通のトーストとチーズって感じ。まあコラボカフェなんてこんなもんだよね。知ってる知ってる

f:id:fumofumo-minamina2000:20190321193520j:plain


その8、ねぎトロ丼セット、ふみ野
量◎美味しさ◎値段1188円
実はねぎトロ丼始めて食べた 6時開店で丁度に行ったから誰もいなかったwなんと言ってもみそ汁が美味い!!!しじみのみそ汁なんだけど、いやガチで美味い!あと酢飯ご飯とトロと醤油の組み合わせが最高。私は米好きなので、トロの量を少なくしてもいいかなっては思ったけど値段的にこれくらいか〜

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322060933j:plain



その9、フルーツケーキ・オレンジジュース、やば珈琲
量△美味しさ💮値段701円
美味い、とにかくうめぇ、すまん、うめぇわ

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322193003j:plain


その10、みそかつサンド、コメダ珈琲店
量◎美味しさ◎値段880円
みそかつって美味いのな 今まで何回か食べたことあるけど、コメダの美味しいのな
語彙力低下するね 美味い

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322193020j:plain




以上!!もちゃの沼津(仮)ご飯でした!