walk with Mocha

妄想を核として形成している

スキのちからで 飛んで飛んでみようか

⚠️胸糞悪くなるかもしれないので

地雷も何も無い人だけ読んでください⚠️

ー軽蔑されるかもしれない。ー

 

 

 

5thライブで私はAqoursは終わったんだなと思った。実際はこれからAqoursclubがあるし、フェスもあるし、ツアーも決定してたりとこれからの活動が盛りだくさんである。
ではなぜそう感じたのか。何が終わったのか。


その前にみんなに知っておいていかなければいけないことが、私は2次元のオタクであるということだ。3次元に全く興味がないといえば嘘になるが、3次元の誰かを追うことはないし、その人のためにお金をかけることはないだろう。


大体察しはついてると思うが、そう。2次元の、キャラクターたちのAqoursが終わったと感じたのだ。


5thライブ自体は私はとても大好きだ。特に最後のMC、アンコール、終わり方である。今までのライブは簡単にありがとうございましたといってアンコールに入り、最後1曲の前に最後の挨拶があり歌を歌いステージを駆け回り終わるというものだった。私は実はこれがあまり好きではなかった。なぜなら最後の最後に終わるのは声優さんたちのAqoursだからだ。別に声優のAqoursが嫌いなわけじゃないし、むしろ好きな方だと言っていい。しかし私は心のどこかでやはりAqoursのキャラクターが好きという感情が色濃く残っている。だからこそその終わり方ではどちらかというと頭の中には声優のAqoursが残ってしまうのだ。私は毎度複雑な気持ちになる。
だったらライブに行かなければいい。最後を聞かなければいい。そう思うかもしれないが、もう一度言おう。嫌いなわけじゃあない。見てて微笑ましいし、楽しいし、何より歌って踊るその姿に尊敬や憧れを覚える。ラスト曲終わってからのみんなに会いにステージを駆け回るのだって、アイドルとして当然のことなんだ。
しかし、どうしても「何か違う」という感情に苛まれる。
その点今回の5thライブはそう思う私にとっては最高の終わり方だった。
アンコール前に最後の挨拶があり、ステージを駆け回り、アンコール後は曲だけで、声優さんたちの声は一切入らなかった。そうすることで声優さんたちは一段とキャラに見えるし、Aqoursが本当にいるって思うことができた。それは2次元ならではの私たちの声が届かないからが3次元へと持ち出されたからだと思う。そして最後はフェードアウトで退場していく。最高じゃあないか。
NextSPRKLING!!の最初の幕袖での動きも完璧に再現していた。最後、捌けてからの「Aqoursサンシャイン」私は一気にラブライブの世界に引き込まれたそんな気がした。


さて、そろそろ本題にいくとしよう。2次元のAqoursが終わった。それは5thライブのアンコール後の曲や終わり方も含まれるのだが、決定打となったのが、「Jump up HIGH!!」を披露したことだ。
まだ試聴しか出ていない曲を披露するという行為が私の中では有り得ないことだった。
ラブライブは2次元を基本としそれに続き3次元があるわけではないのか?


ココ最近私はラブライブコンテンツのターゲット層には含まれてないと考える機会が多かった。声優を推すことが多く、3次元と2次元のシンクロパフォーマンスがすごいと言われる。このシンクロパフォーマンスは確かにすごい。しかしどう見ても3次元の声優さんたちがすごいとしか言われてるようにしか思えなかった。ラブライブは声優さんたちの努力もたくさんある。けど、根本は原案の公野櫻子さんや原作の矢立肇さん曲を作る作曲家さんたち、キャラデザをする室田雄平さん......たくさんの人が関わっている。それを表舞台に立つ声優さんが背負っているのも理解できる。ならなぜ曲の良さやストーリーを紹介しないのだろうか。テレビを通して私はラブライブコンテンツのターゲット層にはいない...そう認識した。


少し脱線したが、CDが発売されていないような曲をライブで披露するのは3次元のバンドや歌手だと私は思っている。(偏見かもしれないが)
キャラクターたちの活動出来る2次元でまだ全公開されていない曲を披露するのは些か傲慢ではないだろうか。

 


私の中での2次元のAqoursはここで終わった。
幕を閉じた。
これから先私はAqoursを追っていけるのか不安だった。声優さんが嫌いなわけではない。Aqoursは大好きだし、ラブライブはもっと好きだ。だからこそまだAqoursを追っていきたい気持ちもある。しかし私がこれまで追ってきたのは2次元のキャラクターを具現化したと言っても過言ではないみんなだった。
しかし2次元のAqoursが終わった今、私の中では誰がAqoursをしようとそれはAqoursではないのではないだろうか。
これからも私は"好き"でいられるのだろうか。


............。

 

 


あぁだからスクスタが登場するんだ。どのグループも終わらない。そんな世界線を作ってくれたんだ。
True Endのμ'sやAqoursはもういない。
けどifの世界で生き続けるんだ。だから私はまた追っていける。好きでいられる。走れる。飛べる。
これから活動するみんなを応援できる。

 

 

 


だから早く...スクスタ配信してください!!!

ラブライブのキャラが、ストーリーが、ミュージックが大好きなんだ...

今回はちょっと友達に話す感覚で綴りたいと思います。

 

みんな、見てくれた?
私が3日かけて作った動画!衣装描くのに1番時間かかったんやねどね...
元々はMVアニメ作ろうって思ってたんだけど、もうほんと意志が弱いのなんのでさぁ
初めは「希望のルミナス」でMVを作ろうとしたんだけど、中々思いつかないし、曲編集上手くいかないしで、ちょうどその時ハマってた「群青のマグメル」のOPテーマがめちゃ好きですやっぱりこっちで作ろうっ!ってしたわけなんですがw
あ、たまにうごメモあげてたやんそれや
でも何か途中から面倒くせぇなってなったわけ
もっと簡単且つ楽なやつにしたいなって
そこで思いついたのが衣装描いて音に合わせて流そうってやつ。けどこれが思った以上に大変でさw
細かいとこわかんないし、色塗るの面倒くさいしで何回も心折れそうになったのよ
しかも衣装描き始めたのが?え?今週の月曜日??無理じゃん辛いじゃん疲れるじゃん
けどやっぱり何かを作りたい。ファンアートしたいっていうもう気合いだけで何とか頑張った!
描いた時間帯によって凝り具合がバラバラなんだけどね......けどやり遂げた!やり遂げたぞぉ!!


ちなみに曲を最終的に決めたのが水曜日。
木曜には完成させなって思って前日に決めたんよね。そして相変わらずの電車の中で作業してた。
今回電車の中で衣装描いたり色塗ったり編集したりしました。ありがとう


曲はずっと悩んでて、最初に決めた「希望のルミナス」でいこうって思ってた。けど、Twitterで5thが近いからってみんな色んなことをツイートするんだよ。その中で誰のだったか覚えてないけど...FF外だったはず...Aqoursは4thで1回終わって5thから再スタートなんだっていうツイート。4thでアニメを全部回収して、一度立ち止まって応援してくれてる人に感謝を伝えるそんなライブだったのかな...
5thも多分劇場版回収だから5thで一度おわりなのかもしれないけど、5thが再スタートなんだよ。振り返らず前に進むってことでさ。けど実際は5thでもそれ以降でもいいんだけどwwそうやって考えてるじゃん。絵描きながら好きな作曲家さんの曲聞いてるじゃん。めっちゃ歌詞がカガライブっぽいなぁみたいなこと考えてるじゃん。題名見るじゃん。リスタートじゃん。これだって思ったんですよ


Aqoursはリスタートするんだよ。1回立ち止まってからまた動き出すんだよ。そしてそれはAqoursだけじゃなくて、ラブライブ全体に言えることなんじゃないかな。だから私はセイントスノーの衣装も描いた


今までを振り返ってそしてリスタートする
そんなAqoursを...ラブライブを一生応援したいよね

 

 

勇気はどこに?

 

「ただのラブライバーが輝きを見つけた話」の追記のようなもの

いいことだけじゃなく腹立つことだってあったよって話

それを踏まえて私が’19カガライブに向けて……みたいな話

 

 

 私は何ができたかなって考える。一番仕事をしてるって言われるけど、それは本当にカガライブの為になったのかなって……

 

 話し合いが苦手で、人に相談することが苦手で……

「みんなが動かないなら私が動くしかないじゃん」

暴走したかもしれないけど、それを何もしないみんなにどうこう言われたくない、そんなことを思ったり……

 自然と作業が多くなってしまう。自分から動いていることもあり自業自得かもしれないけど、どうして周りは気にかけてくれないんだろうって思ったり……

 

 ’19カガライブの人には言っておかないといけないんだけど、私が何も言わないからって、勝手にやってるからって責めないでほしい。

 何かやるにしても事前に情報は流してる。詳細は言ってないかもしれないけど、何をしようとしているかは大体話してる。みんなが気にかけて、話しかけてくれないと私は多分一生相談しないし、話し合おうとしないよ。

 自分でもこんな自分が嫌になるから…’18カガライブでの反省点を含めてこれから私も成長していくから、みんなも応援してほしいし、みんなも成長してほしい。

 

 自分勝手なのは分かってるけど、みんなそれぞれ自分勝手にしようよ。

あれがやりたい。これがやりたいって言い合って自分たちの「やりたい」を優先していきたい。’18カガライブでは私が勝手に色々やって失敗に終わったかもしれない。

だけどみんなが自分のやりたいで勝手に動いて、みんなが動き出さないといけないと思うんだ。’19カガライブは、私はそういうグループにしていきたい。

 

 相変わらずの訳の分からない文章になったかもしれないけど、兎に角「動いてみよう」

 

 そして自分を成長させようと思う。たった一匙の勇気があればいいんだよ。

 

もちゃの沼津(仮)ご飯

みなさんこんにちは!もちゃです。

今回3/20から3/22でラブライブ!サンシャイン!!の舞台である沼津へ行ってきました!沼津での話もしたいんですが、今回はこの旅で食べた物を紹介したいなって思って携帯を手に取りました(笑)
もしも沼津へ行かれる方で飯所どうしようかなって迷った時の参考にでもなったらなと...
量、美味しさ、値段とそれに関する感想をちょっと載せました。味って結構好みが別れるじゃないですか。だからみなさんにとって美味しいものでも私は△かもしれないので、そこらへんはご了承ください!食べ物名と、買った場所や食べた所も明記してあります。
その1とその10に関しては本当に沼津関係ないので(笑)



もちゃの沼津ご飯



その1、湖北のおはなし、米原駅
量△美味しさ〇値段1150円
まあ駅弁なんてこんな値段なのは分かってるんだけど...この量と味かぁって感はある
ご飯が山菜ご飯っぽい感じなんだけど、まあまあ。その他のおかずも美味しいやつとそうじゃないやつあって、焼き鳥は美味しかった。芥子和えはダメだな。てか私が芥子和え好きじゃないんだな

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322192600j:plain



その2、深海魚バーガーAセット、沼津バーガー
量〇美味しさ◎値段1180円
ポテトの塩気が強すぎた...ハンバーガーじゃないから今までのバーガーとは違ってサクサクホカホカを楽しめた。つまりは美味い。

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322192633j:plain



その3、コロッケ定食、浜忠
量〇美味しさ💮値段750円
コロッケはサクサクがんもは味染みてるし、漬物うめぇし、やっぱりお袋の味的な感じでとても美味
店内の雰囲気も落ち着くし、好きだなあ

f:id:fumofumo-minamina2000:20190320201012j:plain


その4、鯖定食、丸勘
量〇美味しさ◎値段600円
鯖は炭火焼きなのかな?今までの鯖と味が違かった!やっぱり焼き方で変わるんだなぁって。うめぇ
値段も良心的!

f:id:fumofumo-minamina2000:20190321084308j:plain


その5、かんかんみかんタルト・みかんジュース、松月
量△美味しさ💮値段896円
タルトめっさ美味い。サクサクのタルト生地と甘さの効いたみかん。下にカスタード詰まってて私の好みすぎた

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322192808j:plain



その6、ランチバイキング、HamasCafe
量💮美味しさ◎値段1000円
色んなものがあってバイキング形式だから好きなだけ食べれるのがいい。野菜たくさん使われてて、健康にもいいじゃねえか卍

f:id:fumofumo-minamina2000:20190321132710j:plain


その7、Over The Rainbow トースト、サンシャインカフェ
量△美味しさ△値段800円
Rainbowカラーのチーズ のびるのびるとにかくのびる 味は普通のトーストとチーズって感じ。まあコラボカフェなんてこんなもんだよね。知ってる知ってる

f:id:fumofumo-minamina2000:20190321193520j:plain


その8、ねぎトロ丼セット、ふみ野
量◎美味しさ◎値段1188円
実はねぎトロ丼始めて食べた 6時開店で丁度に行ったから誰もいなかったwなんと言ってもみそ汁が美味い!!!しじみのみそ汁なんだけど、いやガチで美味い!あと酢飯ご飯とトロと醤油の組み合わせが最高。私は米好きなので、トロの量を少なくしてもいいかなっては思ったけど値段的にこれくらいか〜

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322060933j:plain



その9、フルーツケーキ・オレンジジュース、やば珈琲
量△美味しさ💮値段701円
美味い、とにかくうめぇ、すまん、うめぇわ

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322193003j:plain


その10、みそかつサンド、コメダ珈琲店
量◎美味しさ◎値段880円
みそかつって美味いのな 今まで何回か食べたことあるけど、コメダの美味しいのな
語彙力低下するね 美味い

f:id:fumofumo-minamina2000:20190322193020j:plain




以上!!もちゃの沼津(仮)ご飯でした!

ただのラブライバーが輝きを見つけた話

精一杯走ってきた。

 

「ただのラブライバーが輝きを見つけた話」

 

 

ワンクッション!

臭いセリフ吐きまくりです。所々間違っているとこもあるかもしれません。記憶力が鶏並みなので……ご了承ください。最初と言ってることが違っても気にしないよって、変な文章でも気にしないよって人だけ、そして大抵の文章でも理解できる自信のある人だけ読んでください。

 

 みなさんはカガライブをご存知でしょうか。調べてみたらすぐ出てきますが、金大LL研発端のµ’s、Aqoursのコピーユニットの総称です。µ’sはχ’s、AqoursはkAqumasと名前があります。私は穂乃果とルビィを担当しています。今回は私がそのコピーユニットに参加して何を得たか、何を見つけたか……私の見つけた輝きについて話していきたいと思います。

 

 まず、私がこのカガライブに出会ったのは去年の初夏でした。私は金大の人ではないのですが、金沢のある大学に通っています。そこで見つけたのがコピーユニットメンバー募集のチラシでした。中にはやりたいけど勇気がなかったり、私には向いていないなどと考え、コピーユニットはできないって考える人もいるんですが、私は自分がダンスが上手いわけでも顔が可愛いわけでもないのを十分知っているけど、「やりたい」ただそれだけですぐに連絡をして、コピーユニットに参戦しました。金大学外からは一人目でメンバーとして5人目が私でした。金大で披露するだけのコピーユニット、まさかこんなに私の人生で大事なモノになるとはこの時は思ってもいませんでした。

 

 最低9人集める。これが何気に難しいんですよね。ラブライバーは多くいても、コピーユニットをやりたいっていう人は本当に少ないんですよ。昔もコピーユニットを私はやりたくて友達に声を掛けたりしていましたが、やっぱりダンス苦手だし…と答える人が多くいたんですよ。そんな中、ダンス未経験の人やラブライブを知らないという人も集まり何とか9人集めることができました。これは宣伝したり、私の力ではなく、このコピーユニットを始めた彼女(ということにしておく)の地道な努力のおかげなんですよね。ダンス未経験の人が参加したのも、本当にすごいと思います。こうして9人集まり、キャラを振り分け、何の曲をやるか決めて、練習に取り掛かりました。

 

 今からもう4ヶ月半前ですね……私は初めての私の通う大学の大学祭でいくつか企画していることがありました。それもあり、10月はとても忙しい日々を過ごしていました。私だけでなく、このカガライブは金大の人以外も半数いました。自分たちの学校のこともあるし、みんながみんなそれぞれで忙しいのはみんな分かっています。そんな中、隙間時間を見つけ練習をしたり、LINEで話し合ったりと多くの時間を彼女らと過ごしました。

 

 しかし、9人もいればみんなが揃うことはほとんどなく、また問題も発生してくるわけです。特にダンス未経験且つ男子となると踊る機会もほとんどないし、ましてや女子の動きにどれだけ近づけさせるかということもあり、この時8曲を予定していましたが、それより少なくなるかもしれない。という状況に陥りました。私としてはなるべく8曲踊りたいけど、みんなの体調が最優先であると考えていました。覚えきれなさそうな人もちらほらいました。

 

 役割を決めていなかったから起こる問題というのもありました。会場設営、ライブ構成、音源提供その他諸々……金沢大学LL研発端で、私たちはただの演者だと思っていましたが、実はそんなことはなかった。音をどうするか、ライブ構成はどうするか、音響機材等はどうするのか……

 

精一杯走ってきた。後ろも見ず走ってきた。

 

 金大祭当日がやってきた。初めて9人揃ったのが前日。たくさん不安があったし、緊張もしました。私自身、舞台に立つという経験は何度かしているので、大丈夫だと思っていましたが、今までの舞台はステージ上であり、お客さんとほぼ同じの目線に立つことはなかったんですよ。だからたくさんミスもしました。

8曲踊りきりました。音響・照明機材も用意できました。ライブ構成も考えました。

全てが全て成功という形に収まりはしなかったけど、成功に近い形で終えることができました。延べ200人の方が来てくれました。

楽しかった。本当に楽しかった。金大祭のために走ってきた日数はそんなに多くないし、2か月くらいだったけど、本当に素敵な思い出になりました。

カガライブはこれで終わりか……次は来年度だし、今回で最後の人だっています。

帰りのさやかの車の中で私、泣いてしまいました。これで終わりにしたくない。またもう一度、このメンバーで何かやりたい。

 

 今後のカガライブをどうするかについて、集まりました。

それは金大祭の時にあれやりたいこれやりたいと色々言っていたんですが、リーダーであるとれーどおふがそういう勢いに任せて決めちゃだめだからと、日数をおいてから話し合おうと言ってくれたからです。確かに、ノリと勢いでした場合、失敗することはたくさんあるから……Aqoursの4th前の確か木曜日に集まりました。

LINEの方で大体は話し合っていて、動画撮影のみ、またはライブのみ、または両方…でどれがいいかという話を金沢駅前で話し合いました。みんな集まることはできなかったけど、一人は手紙を託していました。

 

 本当に対立しました。でもみんながみんなそれぞれの意見を持っていて且つ他の人の意見が理解できるからこそ,みんな迷っていたのでしょう。ライブも動画もやりたい。一度みんなの意見を聞いてからまたみんなに意見を聞いていました。その中でも私一人だけ、どちらか一方を選ぶことが出来ませんでした。誰よりも時間をかけて悩みました。前に座っていた人はすごく心配そうな表情をしていました(笑)それでも中々決めることができず、急かされることになり、私は相変わらず自分の意見をはっきりと述べることはなく、みんなの意見に合わせるのでした。周りから見たら私が辿り着いた意見に見えたかもしれませんが、実際はまだずっと考えていたかったんですよ。まあ、もう終わったことなのでどうでもいいのですが……

 

 カガライブメンバーの中の一人が私の話を聞いてくれました。LINE履歴が残ってないので何て言われたかはちゃんと覚えてないのですが、あの時私がすごく悩んでいたことが気にかかったらしく、話を聞くよと…私なりにまとめることの難しい考えを頑張ってまとめて話しました。今思えば本当何を言っているんだというような文章でしたが…

(本当にありがとね)その日からカガライブは新しいカガライブへと生まれ変わり始めるのでした。カガライブのみんなは知っていると思うけど、たくさんたくさん話し合った時があったよね。たった一日、数時間でこれからのカガライブをどうしていくか、誰が引っ張っていくかたくさん話したよね。

 

精一杯走ってきた。後ろも見ず走ってきた。これからも私は走り続ける。

 

 動画もライブもやろう。まずは動画に向けて走り出しました。その後はなんだか色々とスムーズだった気がします。リーダーを決めたからでしょうか。みんなの心境の変化でしょうか…?1stカガライブ打ち上げ兼忘年会も楽しかったね。色々反省会とかもしたかったけど、結局は楽しい想い出だけになった気がしますけど。スノハレとハピトレは結構すぐに決まったけど、ライブの楽曲だけは中々決まらなかったよね。何曲するかっていうのもまず決まらなくて、どれを優先的にするかも決まらなくて…それぞれのキャパも考えると…でリーダー間でもすごく話し合いました。嫌になるほど話し合って、投票もやって、私はその時、演劇も抱えていたのでほとんどの時間をカガライブor演劇or学校で費やしていました。だからこの時期私全く絵を描いたりしてないんですよね…でもそれもいい想い出ですよ。

 

 ライブの楽曲も決まって、ライブの日にちも決まって、動画撮影の日にちも決まって、みんなが一緒に走り始めたのが今年に入ってからなんじゃないかなと思います。カガライブの聖地を言われるもてなしドームや、新しい練習場所俵スタジオで練習をしました。やっぱりダンス経験者と否では覚えるスピードやクオリティにも差が出るのは当たり前になってきます。だけど、ダンスが得意な人は苦手な人に教えてなるべくクオリティの高いモノにしようと頑張ってきました。動画を撮影するにあたって、一番ダンスが上手い人が納得できるものじゃないといけないみたいな空が出来ており、それはダンスがあまり得意じゃない人にとっては大きな枷となったでしょう。でもそれはある程度であり、とてつもなく高いクオリティを求めるものではなかったりと、意思疎通ができてないとこも結構ありました。それでカガライブ内での対立もあったけど、そうやって対立したからこそどんどん上手く、仲の良いものになっていったんだなって……私はあまり対立することが好きじゃないし、対立するくらいなら自分の意見は失くしてしまえばいいと思うときもありましたが、言った。言ったぞ!!勝手に動くということも度々ありましたが、それは私が話し合いを苦手としているからです。またそこについての記載は後程……

 

 動画も撮った。ついにライブだ……実はライブの場所決まったのがほんの2週間前くらいだったんですよ。ずっとずっとライブ場所が決まらなくて、いい場所はもう予約が入ってて、そこらへんは動き始めが遅かったのかなって思います。けどこの時私は少しの苛立ちもありました。どうしてみんなは動かないんだろうということです。探すということはしてくれた人はいてもそこに直接言って話をしてくるという人は中々いなくて、だからこそ決まるのに時間がかかったんじゃないかって……これは言うことじゃないのかもしれないけど、また後程……今は取り敢えずカガライブの話をしましょうか。

 

 ライブ3日前から、大分走りました。3日前は朝から夕方までダンス練習をして、2日前は設営、1日前も設営でたくさん時間を使って、1日前は4人でお泊り会もしました。って言ってもみんなで作業するだけの時間でしたが、一人で作業するよりも断然楽しいですね。そしてライブ当日……人が来るのかそれが一番不安でした。ライブをするか動画をするかの話し合いをしたときに人が来ないかもしれないからライブはちょっとという意見もありました。けど、最終的に20人近くの人が来てくれました。10人いればいい方だと思っていました。4人くらいだったらとれーどおふに「だって!四捨五入したら0なんだよ!」と言ってもらおうかと思っていました。最終的にこれは成功で終わったのではないでしょうか。このたった1日が、私の人生においてとても大きい存在となりました。

 

これが私の知っているカガライブです。

 

(私自身の話も書きたかったけど、またいつか)

 

ラブライブっていうコンテンツは本当にたくさんのモノを私に与えてくれました。それはラブライブからの直接的なモノだけではありません。ラブライブを通して他の人から貰うモノもありました。私はこのラブライブとカガライブが大好きなんです……

 

精一杯走ってきた。後ろも見ず走ってきた。これからも私は走り続ける。

大丈夫……走れるよ。

とれーどおふが演者は降りたけどスタッフとして道を開いてくれる。

Miz.Kがキャラを大事にしていってくれる。

ましろがダンスで先導してくれる。

さやかが各方面で支えてくれる。

つなこが場を明るくしてくれる。

竹丸がみんなを努力家にしてくれる。

そたまきがみんなをまとめてくれる。

ゆーごがみんなの背中を押してくれる。

だからきっと後ろを見なくても大丈夫。

‘18カガライブのみんなの気持ちはずっとここに残ってる。

前だけを見て走っていける。

今が最高だし、未来も最高にしたい。

手を取り合っていてける……そんな仲間に出会えた……

一生のタカラモノなんだって気づかせてくれた。

’18カガライブは幕を降ろした。

これからも走っていくみんなの輝跡としてずっと、ずっと……

 

 

 

今までの過ごしてきた日々が全て輝きだとは言えないかもしれない。

カガライブの輝きは何かは分からない……

けど、私の見つけた輝きは——

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‘18カガライブメンバーなんだ

キセキヒカル

今回はBD特典曲の「キセキヒカル」のあの話が本当なのか、

最新の曲も踏まえてみていきたいと思います。

 

あの話とは…

「ヒカリ ユウキ ミライ 歌にすれば」

と、キセキヒカルの歌詞に入っているんですが、

この「ヒカリ」「ユウキ」「ミライ」という単語のいずれかがどの曲にも必ず入っているという噂です。

本当にそうなのか、ちょっと気になったので調べていきたいと思います。

 

さすがに全楽曲はきついので、アニメ挿入歌(OP・ED)を見ていきます

 

1.青空Jumping Heart

「僕たちのなかの 勇気がさわいでる」

「聞いてみたくて の向こうへ」

「どんなことがおこるのかわからない未来

 

2.決めたよHand in Hand

「おいでおいでって勇気をだせばできるかも」

 

3.ダイスキだったらダイジョウブ!

「このひかりは (きれいだよね)」

勇気だよ 勇気は万能ハイパワー」

 

4.夢で夜空を照らしたい

「空を目指して小さな

 

5.未熟DREAMER

「どんな未来かは 誰もまだ知らない」

「その時見えるがあるはずさ」

 

6.想いよひとつになれ

「一途に未来を呼ぶこころ」

 

7.MIRAI TICKET

ヒカリになろう ミライを照らしたい」

 

8.ユメ語るよりユメ歌おう

ミライ望む言葉から ミライ望む歌になるよ」

 

9.未来の僕らは知ってるよ

「ホンキをぶつけあって 手に入れよう 未来を」

 
 

10.MY舞☆TONIGHT

「踊れ 踊れ あこがれたのは ずっと またたく

 

11.君のこころは輝いてるかい?

「今…みらい、変えてみたくなったよ!」

 

12.MIRACLE WAVE

「あたらしい つかめるんだろうか」

 

13.Awaken the power

「失敗から 成功へと ミライを 変えたい」

 

14.WATER BLUE NEW WORLD

「イマを重ね そして ミライへ向かおう」

 

15.WONDERFUL STORIES

「誰に訊いても分からない ミライさ」

 

16.勇気はどこに?君の胸に!

勇気を出してみて ほんとはこわいよ」

「走り続けて つかめるミライ

 

17.僕らの走ってきた道は…

「だってが見えたよ」

未来の僕らは」

 

18.逃走迷走メビウスループ

 

19.Hop?Stop?Nonstop!

ミライはイマの先にある」

ミライは自分で決めるもんさ」

 

20.Brightest Melody

「だけど先に道がある いろんなミライ 次のトキメキへと」

「描いたミライ それがイマになった」

 

21.Next SPARKLING!!

「それしかないんだよね 未来へ!」

 

はいっ、取り敢えず調べてみました。

「逃走迷走メビウスループ」以外にはいずれか単語ありました。

 

取り敢えず私が思ったことを記述していきます。

まず21曲って……20曲ぴったりじゃないあたりが最高にエモい。

これからもAqoursは続いていくって感じがして好きです。

……これで全部だよね?もし何か忘れてたら恥ずかしぬ…

 

歌詞見てると「ユメ」っていう単語が大体出てくる

というか全曲入ってますね…多分 

逃走迷走メビウスループは除き()

 

「ユウキ」がほとんど出てこないんですよね。1と2と3と16のみ…

もしかしてのもしかしてなんですけど

この「ユウキ」っていうのは何かを始める前の

挑戦するための勇気なのかなって…

青空Jumping Heartはまあ置いといてですよ?

決めたよHand in Handは梨子ちゃんがAqoursに入る 梨子ちゃんの勇気

ダイスキだったらダイジョウブ!」は3人のAqoursが活動を始める勇気

勇気はどこに?君の胸に!は学校の廃校は決まってしまったけど新しく、明日を…ミライへ進む勇気

……なのかな!!!って!!

 

あと1期、2期で入っている言葉の量が違う件について…

まず1期ではAqours9人そろってる曲では2単語入っているんですが、

1・2年しかいない曲、梨子ちゃんがいない曲は1単語しか入ってない。

「ユウキ」を上記に書いたものとすると、勇気が必要な時にだけ

入るって考えるとダイスキだったらダイジョウブ!も1単語だけなんです。

 

そして2期からは1単語だけなんです!!

「MY舞☆TONIGHT」「MIRACLE WAVE」だけ「ヒカリ」であと全部「ミライ」

この「ヒカリ」ってのが何を表しているのかとても気になるので

私の中の考えたいリストに追加しておきます。

最後のMIRACLE WAVE」の歌詞が「あたらしい光 つかめるんだろうか」

なだけ、あたらしい光をつかめたからそれ以降出てこないのかな…なんて

 

そしてここで私は全単語の入っている青空Jumping Heartを出してきます。

アニメ内の時系列的にはラブライブのアンコールとして用いられた曲なわけです。

「ユウキ」「ヒカリ」「ミライ」の順番で出てくるんですが

まさにこの歌詞調べ通りだと思いませんか?

 

ラブライブ!サンシャイン‼ 楽曲ランキング もちゃver.

ラブライブ! サンシャイン!! 楽曲ソート

こちらのサイトを使い、私はラブライブ!サンシャイン‼の楽曲ランキングを作りました。結果は10位まででこちら

 

1位 Awaken the power

1位 WATER BLUE NEW WORLD

3位 WONDERFUL STORIES

4位 Believe again

4位 Brightest Melody

6位 勇気はどこに?君の胸に!

7位 僕らの走ってきた道は…

8位 ハジマリロード

9位 逃走迷走メビウスループ

10位 MIRACLE WAVE

 

という結果になりました!やっぱり映画曲は強い…

最近聞いたからハマっているっていうのもあるかもしれませんが

ソートの中にはキセキヒカルがなかったのですが、もしもソートの中に入っていたら10位の中には入っていたと思います。

ここでただの自分好みの曲であるということは置いておいて、

なぜ1~4位がこのような楽曲になったのか、後付け理由も考えて語っていきたいと思います。

 

映画で登場した「Belive again」と「Brightest Melody」これは私の中では絶対に同じ順位にさせたかった曲です。

2グループだけの決勝戦延長戦、実際には存在していないけど、もしもあそこでSaint Snowが落ちていなかったら、決勝でAqoursと戦うことがあったら……

ラブライブ決勝では必ず優劣がつきます。その優劣をつけなかった、いやもしかしたらつけられなかったのがこの延長戦ではないのかと考えます。

だから私のなかではこの2つの曲は優劣を決めてはいけないものなんだと思い、同じ順位にするようにしました。普通に好みで言ったらどっちかが好きってのはあるんですけどね(笑)

 

そしてもしもラブライブ決勝で競ったら他と大差をつけてすごい戦いを繰り広げるであろうAqoursSaint Snowが手を取り合った楽曲「Awaken the power」が最強なんですよ。

最高で最強で心に響く楽曲……これが1位に君臨しないわけがないと私は思っています。ライブでもすごく大きな盛り上がりを見せますしね。

しかし私のソートでは同率一位に「WATER BLUE NEW WORLD」が入っているんですよ。

これは単純に実際優勝した曲であるというのもあるんですが、

この楽曲はラブライブ優勝を目指すのが主体の楽曲ではなく、浦の星女学院の名前を残すのを最大の目的として作られ披露された楽曲なんですよ。優勝して名前を残すだけではなく、その曲で名前を残すそんな為に作られた曲…

映画で聖良さんが「Aqoursの明るさや元気さ」と言っていましたが、そうなんですよ。Aqoursの楽曲はどれも明るさや元気さが一番のテーマといっても過言ではありません。

しかしこの「WATER BLUE NEW WORLD」は綺麗が一番なんです。

感じ方は人それぞれなので一概には言えませんが、私はこの曲に「悲しみ」と「綺麗」、「寂しさ」などちょっと今までの楽曲では感じ取ることのなかった感情を受け取ったんです。

いつものAqoursとは違う曲であるということが私にとっての1位になった理由かもしれません。

 

では、その間に挟まれた「WONDERFUL STORIES」はなぜ3位なのか。1位4位は同率なのになぜ1つだけで3位にいるのか...

これは本当に後付けなのですが、この曲はラブライブでは披露されていない曲であの世界では浦の星女学院のみんなだけが知っている曲なんです。その特別感はどの曲にも劣らないでしょう。

浦の星女学院で披露され、浦の星女学院の生徒だけの楽曲...今までのAqoursの話をまとめたような曲ではありますが、Aqoursと共に学校はいた。学校があったからAqoursがいる。Aqoursがいたから学校がギリギリまで廃校にならなかった。学校の希望でもあるAqours。そんなAqoursが学校で歌う最後の曲。

本当なら1位でもいいと私は思っています。だけどすいません、「Awaken the power」も「WATER BLUE NEW WORLD」も大好きなんです。最強の曲であるこの2曲には届き得ないけど...

私一度「WONDERFUL STORIES」は映画の後に歌った楽曲じゃないかって話したんですけど、もしもそうなら本当の本当に最後のAqours全員の曲なんですよね。だからこそ、この3位に置いておきたい。

 

6位以降はただの好みの順番であることがほとんどなので省略させていただきます。

 

みなさんもぜひ一度やってみてください。自分の好みの曲だけでなく、なぜこの順位に置いたのか考えてみるとまた新たな発見ができるかもしれません。

実際私も後付け理由考えてたら色々と見つけたり、また考察したいことが増えました。

今私が一番考察したいことは、作曲や編曲にもこだわっているのかということ。